おまとめローンのメリットとデメリット

カードローンを複数借り入れている場合、一本にまとめることを考えることはいかがでしょうか。
まとめるメリットとしては、複数使っていると返済日や返済金額がバラバラで管理が難しく、整理すれば管理しやすくなります。
もし、今使っているカードローンの金利よりも一本にまとめようと申し込んだカードローンの金利の方が低い場合、支払い利息が今までより少なくなり、返済が少し楽になります。
但し、これはあくまで申し込んだカードローンの審査が通った場合です。
他に一つでも滞納があれば審査通過はほぼ難しいと考えていいでしょう。
審査の厳しい順としては、銀行、信販、消費者金融の順です。
やはり審査の厳しい銀行の金利の方が消費者金融より低く設定されているのが一般的です。
一方、デメリットとしては、せっかくまとめて返済しやすくなったのに更にお金を借りてしまうことです。
一本にまとめて借入が減ったように勘違いしてしまいます。
返済が一回になり、支払い利息が今までより若干減っただけで、債務はそのままです。
このようになる理由としては、以前借りていた金融機関から金利の低いローンの案内がくることがあります。
これは、既に完済となっているため、また借りてもらおうというものです。
金利が低いならという理由で安易に借入してしまうというものです。
もし、借入してしまった場合、借金が増えるだけではなく、一本化した金融機関から残高の全額返済を要求されることがあります。
返済しやすくするために一本にしたのに他からも借りたのでは返済意思が感じられないという理由からです。
メリットとデメリットをよく考えて申込しましょう。