リボルビング払いと元金均等払いについて

カードローンを利用するためには返済方法を理解しておく必要があります。
返済方法は大きく3つにわけることができます。
リボルビング払いと元金均等払い、元利均等払いです。
借りる金額にもよりますが、支払いの金額が一定なのでわかりやすいという特徴があります。
どういったことなのかというと、リボルビング払いにもいくつか種類があるのですが、共通した特徴は月々の返済額が固定されているということです。
ですから小額に設定しておけば毎月の返済が大きな負担にならないといえますが、逆に返済期間が長引いてしまう可能性もあります。
また借入している総金額などがわかりづらいといった面もあるので注意が必要といえます。
元金均等払いと元利均等払いは一般的に分割払いといわれる返済方法です。
リボルビング払いとの大きな違いは、初めに何回に分けて支払うのか決めておくということでしょう。
ローンを組む金額をはじめに何回で支払うか決めるので、利息がいくらになるのか計算がしやすく、支払うべき金額がすぐにわかるのが特徴です。
元金均等払いの場合は、借りたお金に対して分割払いをしていき利息は別途計算します。
元利均等払いだと支払うたびに金利を改めて計算しなおすといった特徴があります。
銀行のカードローンなどを利用する場合では、借入金によっては利息分が大きく変わってくる可能性もありますので、返済方法の種類や特徴を銀行などで相談し自分にあった返済方法を見つけましょう。