増額するためのポイント

カードローン限度額増額で一番重要なことは、延滞をせずにローンを返済しているということです。
新規で契約をした時から半年から一年程度である場合、年収がそれほど大きくアップしているということはないでしょう。
本人の属性に大きな変化がない場合、一番大きなポイントとなるのがそれまでのカードローンの利用実績です。
それまでのローン返済で延滞をせず、良好な利用実績を積めている場合には限度額増額審査に通過する可能性が高いでしょう。
逆に、延滞をしてしまっている場合には増額できる可能性は低いと思われます。
金融機関によっては、「過去1年以内に延滞がない方」といった条件がついていることもあります。
限度額増額審査で失敗する例として、延滞をしているケースの他に、転職をして勤続年数がリセットされていたり、年収が下がっているケースなどがあります。
そのような場合に増額審査に申込をしても、逆に限度額が下げられてしまうこともあります。
転職をしていても、キャリアアップをした場合や、年収が上がった場合にはその点も考慮してもらえることがあります。
その他に審査に影響する事例としては、他社からの借金が増えていたり、他社の借金で延滞をしてしまったケースなどがあります。
銀行は特に信用を重視しますので、過去の延滞には要注意です。
消費者金融では一度や二度の延滞ならば大目に見てもらえる可能性はあります。
クレジットカードの所持枚数なども影響することがあるので、利用していないカードは整理しておきましょう。
限度額増額の方法は、自分で審査に申し込むという方法の他、カード会社から連絡が来る場合、連絡が来ずに勝手に枠が増えているケースなどもあります。