返済方法の違い

どちらもお金を借りるという点では一致しています。
違いがあるとすれば、借りる金額と利用方法。

 

カードローンは、クレジットカードのキャッシュ枠とまったく同じです。
キャッシュ枠と同じに利用限度額までは使えます。
利用限度額は個人の収入によって決まりますが、すごく多くは借りれません。
消費者金融という感じがしますが、最近はそうでもありません。
銀行のローンも充実しています。

 

フリーローンはそれなりの額を借りるというイメージです。
カードローンと違う点は、専用カードを利用しない点でしょう。
専門のカードではなく、キャッシュカードを利用します。
審査に通ったら、銀行口座に入金される仕組みです。
少額を借りるのではなく、一括で借ります。
使い道が自由なので、投資資金にも使えるでしょう。
もちろん、つなぎ融資に使う方もいます。

 

返済方法はどちらも同じです。
実は審査よりも返済のほうが難しくなります。
審査は半自動的に終わりますが、返済は自分次第です。

 

カードローンは少額を借りますが、融資額が大きくなりがちです。
気がつくと「返済できない」ということになってしまうことも。
テレビコマーシャルの言う通り、計画的に利用したほうが良いです。
返す方法は、一括払いか分割払いになります。
金利が高いので、早めに完済するのがポイントです。

 

フリーローンの返済は、カードローンと同じです。
金額が大きいので、返す期間は長くなります。
金利はわりと低いのですが、やはり早く完済したほうが良いです。