複数のカードローン会社で借りれるの?

カードローンはいつでもキャッシングできる便利な商品ですが、お金を借りるからにはそれなりの条件を満たしている必要があります。
審査では勤務形態や収入、勤続年数などが問われますが、なかでも他社からの借り入れについてはとくに重要視されます。
これには総量規制の影響があり、年収の3分の1以上の借入では無いことを確認しなければいけないので、他社からの借り入れについても金融機関は慎重に審査するのです。
なお銀行は総量規制の影響を受けませんが、カードローン審査で他社借り入れが重要項目なのは同じです。
カードローン審査他社借り入れにおいて注目されるのは、借り入れ残高の総額だけではありません。
もちろん借入総額は総量規制の関係上、融資の可否を決定するのに重要な影響を与えますが、それと同様に借り入れ件数についても金融機関は非常に重視します。
つまり借り入れ残高はそれほど多くなくても、いくつもの金融機関からキャッシングをしている場合は、それが原因でカードローンの新規契約ができなくなる可能性があるのです。
複数の金融機関からお金を借りている人は、それだけお金に困っている人とみなされがちです。
ですから借金の総額は少なくても、借り入れ件数が多い場合は審査において信用力が低いと判断されてしまうのです。
ですから複数の金融機関のキャッシングを利用している人が新たにカードローンの審査を受ける場合は、残高の少ないところを完済して解約するなどして、借り入れ件数を減らしておくようにしましょう。